心に多色礼讃

唯一無二の大したことないことを胸に

「集中力がない」人は別の力があるかもしれない【後編】

f:id:lurem:20170728004324j:plain

 

こんにちは、心に多色礼讃のルレムラです。

前回に引き続き、集中力がテーマです。後編は、本題である「別の力」について。
別の力ってなんぞや??ですよね。

 

集中力がないことで、自分の長所を発見したお話をしたいと思います。

 

前回の記事はコチラ。

 

lure-fuzen.hatenablog.com

 

 

 

改めて、考えるきっかけになったのは

 

前編で紹介された「脳には妙なクセがある」。再度貼っておきますね。

 

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)

 

 

『脳には妙なクセがある』と「お前は集中力がない」

 

本の内容と、上司の言葉。両者のことをまとめます。

 

前編での、本の中で触れられていた「分散力」。上司の言葉「お前は集中力がない」とは、まるっきり真逆の指摘です。そこで私の中の価値観が逆転しました。

 

さらに「分散力」のキーワードから派生して、自分の性分も違う視点から捉えられるようになったのです。おお、なんだ、こんな視点があったんやー!ってびっくりですよ。

 

すると、自分の中の意識も逆転しまして、必ずしも、集中力がない私=私はよくない じゃないんだなと思えるようになったのです。

 

更にいうと、集中力がない私=私はよくない の考え方から、集中力がない私=でも集中力が絶対的に正しいわけではない=「私はよくない」というわけでもない。

 

このように展開していけるようになりました。

 

 

集中力がない代わりにある力

 

では、実際にどんな風に捉えられるようになったのか。

 

分散力

 

今回のテーマのひとつ、「分散力」です。

 

自分なりの解釈だと「察知力」です。別名「小心者のお母さん力」笑です。

 

敏感なので、全体の雰囲気とか空気を感じやすい。空気を読む力。気が散りやすいので、色んなところに目が付く。総じて気づきやすい性分です。

 

何度も仕事で、言われたのが、「フォローに回りなさい」「相手が何を欲しているか考えなさい」とごく当たり前のこと。(ごく当たり前のことが、全くできてなかったんですよ汗)

 

その辺りに、意識改革が起こったおかげで発揮できるように。上司に感謝。

 

この分散力、具体的にどんな風に仕事に活かされたかと言いますと、

 

・全体の業務が、無駄なく流れていけるように動いた
・別の作業をしていても、お客さんが来たことがすぐわかるようになった
・全体の人員の足りない所が、すぐわかるようになった

 

大体、職場になじんだらできるような力ですが笑 でもね、お客さんが来ててもね、気付かない人は気付かないんですよ…

 

ちなみに、私生活の意識にもかなり影響されたのか、もう少し周囲の人へ優しくできるようになったような気がします。

そして一番大きかったのは、

 

・飼っている猫の気持ちが分かるようになった

 

2社目を辞めて少しした頃に、「ひょっとしてこんな気持ちだったの?」と、実家の猫の気持ちに、ハタと気づいた瞬間がありました。

 

どうして今まで気づかなかったのか、これが自分でも結構ショックでして…。もっと愛情をこめて接するようにしたところ、心なしか以前より甘えてくるように

 

相手を思いやる力」とも呼べるかもしれません。

 

機動力

 

f:id:lurem:20170728004338j:plain

 

腰を据えるのは苦手ですが、一度スイッチが入ると発揮するのが「機動力」。


これは、ちょこちょこ動き回って仕事をしていなかったら、気づきませんでした。

 

おかげさまで、職場の中でもかなり早く動けるようになっていました。ただし、精密さや緻密さには欠けます。

 

私のように座ってじっと作業するのは苦手な人って、パタパタ動き回っている方が得意な人が多いんじゃないでしょうかね。

 

社会人になってから気付いた自分の特質です。

 

爆発力

 

持続力も根気もない。長期の持久戦も苦手。

 

でも、一点集中のような、変な爆発力」があります。

 

全部の体力をバーッと使ってしまう感じです。もう、体力配分なんて考えられない瞬間があります。特に、気持ちの焦りが強いと、普段の倍以上に動けます。

 

これも、私みたいに「目立ちたくないけど目立ちたがり屋」とか、あまのじゃくとか、そんな要素を併せ持っている人はあるかもしれません。

 

仕事上では

 

・出荷時刻前に凄く速く動ける

 

私生活では

 

・カラオケ宴会部長になる
・遅刻ギリギリの猛ダッシュ

 

普段おとなしい人が急にQUEEN歌いだしたらひくよね…。遅刻ギリギリは時間配分が下手くそだからというのも。

 

 

カチッとはまった瞬間

 

昔は、「複数の作業はできない!ひとつのことしかできない!」と思い込んでいたんですが、結果的に「私、意外と動ける」でした。

 

むしろ、色んなことを短い時間のうちに行う方が、頭の切り替えができていい感じに捗ります

 

でも短時間限定

 

ただし、この自分の性分、非常にムラがあるので、長時間の安定さはありません。

 

特に、途中に休みを入れたり、暇な時間を入れたりすると、一気に疲労感に襲われます。


電池が切れたように、全部面倒くさくなったり、眠たくなったりします。ちょっとしたウルトラマンみたいですね笑

 

 

なかったことでわかったこと

 

f:id:lurem:20170728004410j:plain

 

集中力を持続させることが苦手で判明した性分や特質。

 

苦手なことや、嫌いなことが分かると、急にそれまで気づかなかった、自分の得意なことや好きなことも分かることがあります。

 

水の底に沈んでいた昔の石像とか神殿、あるいは財宝が、水位が下がってあらわになるように。

 

高い集中力は、なんだかんだで憧れます。別記事で集中した時のことを書きたいくらいですし。あと、もっと短時間でサクサク記事を書けるようになりたいし!

 

でも、今回みたいな考え方も、一つ心に持っておくと、生きていく上で少し楽になれるかもしれません。

 

読んでいただきありがとうございました!